株式会社 穂高リネンサプライ


経営理念

  1. 環境と素材に優しい洗い方と生産方法を常に探究し、安全で安心してお取引して頂ける会社になる。
  2. 付加価値を創造し適正な利益を獲得し、利益配分・留保を行い正しく納税する。
  3. 事業を通して社員の人格形成を行ない、尊敬される人づくりを行なう。

経営基本方針

  1. 品質第一主義
    違いのわかるお客様に指名していただけるように品質を保持・向上させる。クリーニングのプロを育成する。良い品を安く提供する。コストパフォーマンス日本一を目指す。
  2. 顧客第一主義
    お客様の立場で物事を考え、当社がどのようにお役に立てるかを考えて行動する。
  3. 無理・無駄排除主義
    次行程を常にお客様と位置づけ、無理・無駄を排除してジャストインタイムの生産を行なう。
  4. 改善主義
    常に向上心を持ち、もうこれで良いと思わず、より良い物を求めて仕事をする。
  5. 堅実主義
    大きな会社より良い会社になるように規模を追わず、経営内容の良い永続する会社になる。

環境方針(赤羽工場)

  1. 環境理念
    私達は、環境と素材に優しい洗い方と生産方法を常に探究し、従業員が安全に作業でき、近隣の皆様が安心して生活できる生産体制を構築する。また、お客様にも安心してお取引いただけるよう、環境に優しい会社の実現に向け、全社をあげて取り組んで参ります。
  2. 行動指針
    1. リネン物の洗濯事業活動による、洗濯水、ガス、電気、薬剤、廃棄物の削減および熱エネルギーの有効利用の推進により、CO2排出量を減らし、地球温暖化抑制に努めます。
    2. 環境に関する法律規制を遵守すると共に、自主的に基準を定め環境保全に努めます。
    3. ガス、電気等のエネルギー削減を重点として、可能な範囲で環境目的・目標を設定し、活動計画を定め、環境改善に努めます。
    4. 環境保全のために環境マネジメントシステムを文書化し、実行し、定期的に維持し、見直します。
    5. 環境監査の実施により、環境マネジメントシステムの有効性と環境保全活動の確認・見直しを行い、継続的改善に努めます。
    6. 環境教育・啓蒙を通じて、全社員の環境保全に対する意識向上に努めると共に社会に貢献します。
    7. 環境方針は、全社員に周知すると共に、社外の求めに応じて一般の人々にも開示します。
    2010年8月25日

    株式会社穂高リネンサプライ
    代表取締役 中山昭彦
▲ ページトップへ
Copyright HodakaLinenSupply.co,ltd.All rights reserved.